2006年10月03日

マイセン イヤープレート2006 メリー・ウィドウ

ホーム > MEISSEN マイセン > イヤープレート2006
「そこで私はマキシムに出かける」で有名なオペレッタ「メリー・ウィドウ」は、フランツ・レハール(1870-1948)により作曲され、ヴィクトール・レオンとレオ・シュタインが台本を担当しました。 現在でも最も多く上演される作品の一つであるこのオペレッタは、「さて女というものは」や「唇は語らずとも」などの多くの親しみやすい歌により、世界中の舞台を席巻しました。 舞台はパリ。想像上の国ポンテヴェドロ公国の公使館書記官ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵は、財政難に苦しむ国が必要とする財産のために、亡き夫から高額の遺産を譲り受けた美しいハンナ・フラヴァリと結婚するように言われていました。伯爵はハンナを愛していましたが、それはお金が理由ではありませんでした。そして多くの恋の駆け引きの後、二人は結ばれます。 デザイナー、アンドレアス・ヘルテン(1967年生まれ)は、イヤープレート「有名なオペレッタ」シリーズの新たな作品に「メリー・ウィドウ」のロマンチックなモチーフをとりあげました。


posted by セレブリティーズ★セレクト at 04:09 | MEISSEN マイセン| 編集




セレブリティーズブランド  ブランドウォッチ.com  セレブの食卓  セレブのコスメ 


Copyright (C) 2006-2008 セレブリティーズ★セレクト All rights reserved.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。